PHOTOニュース

復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)

>>過去記事一覧
農業まつりは人・人・人

 実りの秋を迎え、第14回柏崎農業まつり(同実行委員会主催)が28日、市総合体育館で開かれた。気持ちの良い青空に恵まれて、例年以上に人出が早く、約2万8500人(主催者発表)が来場。地元の農産物や加工品に人気が集まった。

 開会式で柏崎農協の巻渕重政組合長は「地元の農産物をかわいがってもらい、農業に支援と理解を」、会田市長は「食育と地産地消を進め、健康で豊かな生活を」と呼びかけた。

 野菜、キノコ、地元産の牛肉、加工品などを販売したアリーナには売り手の威勢のいい声が響き、イベントの開始と同時に人・人・人のにぎわい。毎年一番人気のゴボウなど、早々に品切れになる野菜・果物も見られた。話題のマコモタケ、ヤーコンジャムやキムチなどの加工品も人気。健康みらい21コーナーにも大勢の人が立ち寄っていた。

(2006/10/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。