PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
放射性物質吸い込みで東電が再発防止策

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所は17日、定期検査中の7号機で起きた協力企業作業員の放射性物質吸い込みと、使用済み核燃料輸送容器保管庫でつり具から微量の放射性物質が検出された問題について、再発防止策を県に報告した。

 放射性物質吸い込みは、原子炉圧力容器のふたをボルト・ナットで締め付ける作業中に発生。ナット着脱装置故障により手作業をしたため、同装置と連動するボルト清掃装置が働かず、ボルト表面の放射性物質が飛散した。作業員はマスクを着けていなかった。対策として、ボルトを確実に清掃し、手動で行う場合は汚染検査を行うとともに、必要に応じてマスクを着用することを要領書に記載する。

(2006/11/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。