PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
会田市長が任期折り返し

 会田市長が就任してから6日で2年。任期4年の折り返し点を迎えたことから、市長は同日の定例記者会見で所感を述べ、今後の取り組みとして、市議会12月定例会に提案される第4次総合計画を着実に実施していきたいとの考えを示した。

 2年間を振り返って市長は、中越地震と2年連続水害の復旧・復興や、高柳町・西山町との合併に伴う課題処理、市民と行政との協働、健全財政維持などに「全力投球してきた」と述べた。また、柏崎・夢の森公園の見直し、旧柏崎トルコ文化村の再利用、枇杷島小改築などの課題に取り組んできたとした。

 市長は3年目以降の市政運営について、第4次総合計画実施の中で特にまちなか活性化に言及し、「JR柏崎駅周辺の工場跡地の開発整備を進め、柏崎のまちの顔として、まちの魅力づくりと活性化の核として活用を図っていきたい」と述べた。

(2006/12/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。