PHOTOニュース

県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)


グランドオープンした柏崎港に浮かぶ漁菜マーケット「夕海」=11日午前、市内番神1 (2020/07/11)

>>過去記事一覧
刈羽村議会で東電記念事業の請願2件採択

 刈羽村議会は15日、12月定例会最終日の本会議で2団体の請願4件について各常任委員会の審査報告を受け、審議した。刈羽集落が提出した「東京電力全号機完成記念事業に伴う砂丘地開発に関する請願書」の3件の内容のうち、温泉・温浴施設の設置など2件を採択した。

 刈羽集落(加藤幸夫区長)の請願は、東電寄贈の同事業として温泉・温浴施設の設置、村として高齢者ふれあい施設の設置と隣接地への統合保育所の建設、共生・砂山再生の連携事業としてクリ栽培・加工品販売の3件を要望した。総務文教、社会、産業土木の各常任委に付託、審査された。

 委員会で不採択とされた温泉・温浴施設は本会議で質疑、討論、起立採決の結果、起立七(議員定数16、欠員1)で、確認の無記名投票は賛成七、反対七で同数となり、議長裁決で採択と決まった。高齢者ふれあい施設・統合保育所は起立少数で不採択、クリ事業は起立多数で採択となった。採択された請願は村当局に送付される。

(2006/12/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。