PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
ぎおん柏崎まつりの日程検討開始

 ぎおん柏崎まつりの日程や内容などを話し合うぎおん柏崎まつり検討会の今年初会合が27日、柏崎商工会議所で開かれた。4月末ごろに予定されているぎおん柏崎まつり協賛会総会までに結論を出し、協賛会会長である会田市長に答申する。検討委員は10人。

 ぎおん柏崎まつりについては、これまでの反省会などで、開催日を7月24日からに固定せず市民が出やすい曜日に変更してほしいとする声や、悪天候でも中止することのないよう求める意見が数多く出ていた。昨年、まつり検討委員会では花火大会の開催基準を決めたが、今回はまつり全体がテーマ。ただ、今年はすでに計画が動き出していることから、日程を変更するとしても2008年度からになる。

 会合では市の若山助役のあいさつに続いて、吉田直一郎・柏崎商工会議所副会頭を座長に選出。まつりの現状報告の後、話し合いに入った。開催日は土・日曜日を希望する声が出る一方、他市の状況から必ずしもそうしたことが参加者増につながっていないとする意見もあった。日程を変更した場合、年によっては大花火大会が長岡市と競合する懸念も示された。

(2007/ 2/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。