PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ぎおん柏崎まつり検討会が答申へ

 ぎおん柏崎まつり検討会(座長=吉田直一郎・柏崎商工会議所副会頭)は8日、最終となる3回目の会合を商議所で開き、まつりの日程を変更しないことを再確認するとともに、たる仁和賀の運営主体など提言を添えてまつり協賛会(会長・会田市長)に答申することを決めた。10日に開かれるまつり協賛会総会の席上で報告される。

 議論の中心は、まつりの日程を日にちで決まっている従来の方式から7月末の土・日型に変更するかどうかにあった。長岡まつりとの関係、マーチングバンドや大花火大会など各行事の都合などから総合的に判断し、今まで通り7月24日から26日とすることで決着した。

 8日の会合では、各行事の内容についても踏み込み、「民謡流しは、雨天の場合に備え、サブ会場として市民プラザの確保を」「たる仁和賀に参加するよさこいの演舞に関するルール作りを進める」「たる仁和賀は運営主体となる新たな組織作りが必要」などを提言することとした。

(2007/ 5/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。