PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
番神浜茶屋問題で西側を従来通り仮設に

 会田市長は9日の定例記者会見で、番神旅館浜茶屋組合(藤谷三郎組合長)が市内番神海水浴場に恒久的建築の浜茶屋を建設する問題について、計画の一部を当分の間、従来通り仮設とすることで市と組合との話し合いがついたことを明らかにした。東側3棟は恒久的建築となるが、西側の2区画分が仮設の建屋とテラスになる。景勝地の景観を損なうとして計画の白紙撤回を求める市民運動が起きていることから、組合と協議を重ねてきた。

 番神旅館浜茶屋組合は昨年9月、市有地約1400平方メートルの賃貸契約を市と締結。それに基づいて1棟の建設が終了したが、市民の間で反対の署名運動が起き、市議会2月定例会でも論議を呼んだ。市は、すでに1棟が完成していることから「白紙撤回は難しい」との立場に立ちながらも、景観への配慮を組合に求めていた。

(2007/ 5/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。