PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市村の義援金配分、一部損壊にも

 市と刈羽村は17日、中越沖地震の義援金配分委員会をそれぞれ開き、半壊以上の2次配分額と、県の1次配分で対象外だった一部損壊世帯に一律4万円を配分するなどの計画を決めた。県の2次配分に市村に寄せられた義援金を合わせ、市では32億7600万円を約3万2150世帯に、村では約3億7500万円を約1350世帯に配る。

 市村の2次配分額は全壊100万円(1次配分150万円)、大規模半壊50万円(同75万円)、半壊25万円(同37万5000円)。市村とも被災者のうち、中越地震と中越沖地震で持ち家が半壊以上の被害を受けた二重被災世帯について2次配分額を1.5倍とする。また、市はアパート暮らしの若者など、借家で地震当時30歳未満の単身世帯には半壊以上の被害に対し半額を配る。

(2008/ 4/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。