PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
小松跡地売却公募は7月に申請受け付け

 会田市長は9日の定例記者会見で、市内宝町の旧小松エスト跡地の民間への売却について、6月5日から公募の要項を配布し、7月1日から22日まで申請を受け付けるというスケジュールを示した。選定審査会を経て、市議会9月定例会に譲渡契約の議決を求める。

 小松跡地は面積約6.2ヘクタール。まちなか活性化方策検討調査で中心市街地の活性化に向けた機能整備などの方向が示され、市は震災復興の促進も目的に土地利用提案型公募による売却の方針を決めている。要項には最低売却価格を示すほか、商業施設の場合は既存業者への影響に配慮して延べ床面積、生鮮3食品の売り場面積に一定の制限を設けるなど、用途・面積や環境整備の条件・評価項目を検討している。

 この跡地は2002年に柏崎地域土地開発公社が21億円で取得しており、市はこの買い戻しを6月市会に提案する予定だ。

(2008/ 5/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。