PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎農協が「みどりのあぜ」運動推進

 柏崎農協(今井長司・経営管理委員会会長)は今年度、環境と調和した安全・安心な柏崎産米のブランドイメージを高めるため、県提唱の「みどりの畦畔(あぜ)づくり運動」に取り組む。17、18日には市内藤橋など柏崎刈羽の3カ所で自走式草刈り機の実演会を計画。関心のある農家、生産組織などの見学を呼びかけている。

 稲作では近年、減農薬・減化学肥料など環境や食の安全に配慮した取り組みが各地で盛んに進められている。しかし、水田のあぜや農道、水路の脇などでは、機械による刈り払いと、広い面積に対応できる除草剤の使用が一般的だった。

 県は安全・安心な農産物の生産、田園風景のイメージアップ、カメムシ対策などを目指して、2007年度から「みどりの畦畔づくり運動」を提唱。柏崎農協でも昨年度、市農業振興公社などと協力し、あぜを覆うヒメイワダレソウを増やす活動を推進したが、中越沖地震で中断を余儀なくされた。

(2008/ 6/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。