PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
えんま市の人出は24万人

 中越沖地震後初の今年のえんま市は3日間の人出が約24万人で、平成に入って2番目のにぎわいだった昨年より約1万人少なかった。

 市露店管理委員会(事務局・市観光交流課)によると、最初の2日間は土・日曜と重なり、いずれも9万人台の人出。最終日は月曜で約5万6000人にとどまった。期間中、好天に恵まれ、大きなトラブルなどの報告はなかった。植木、瀬戸物は17日夜まで。

 柏崎警察署はえんま市期間中、モーリエ3 1階に警備本部を置き、警戒を実施した。大きなトラブルはなく、迷子は15日の7人だけで昨年より5人少なかった。遺失物は22件、拾得42件。

(2008/ 6/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。