PHOTOニュース

北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)


谷根川河口近くで始まったサケの捕獲作業=市内青海川 (2020/10/21)

>>過去記事一覧
年末の労働相談91件

 雇用悪化を受けて、市、柏崎職安などが昨年末の12月27、29、30日に市内東本町1、ワークサポート柏崎に開設した労働相談窓口は計91件の利用があった。

 内容は来所による相談や求人票の受け取り・閲覧、電話相談。29日は最多の58件で、27人が職業相談を受けた。労働相談では、雇用悪化で失業したか、失職が決まった派遣社員などが多く、「いずれ社員寮を退去しなければならない」などの入居相談もあった。職業相談では国の就職安定資金融資で住宅入居初期費用の相談につないだケースもあった。

 製造業で年末に解雇された市内の男性派遣社員(53)は「年明けから離職者が増えると思う。その前に決めたい」と話した。同じく37歳の男性は「できれば正社員がいいが、パートでも何でもいい」と焦りをにじませた。再就職先が未定で越年する40歳代の男性は「年明けに1社の回答待ち」と期待を込めた。

(2009/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。