PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
鯨波小で音楽家がスクールコンサート

 鯨波小(小嶋美江子校長、児童数77人)で8日、「東北電力スクールコンサート」が開かれ、「新潟アルスノーヴァ」の生演奏を児童や保護者が楽しんだ。

 コンサートは東北電力の次世代支援プロジェクト「放課後ひろば事業」の一環で、音楽家の生演奏に間近に触れる機会を提供している。開演のあいさつで宮尾正夫・同社柏崎営業所長は「生の音楽を聴いて、楽しく過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 新潟アルスノーヴァは新潟市在住の小西奈雅子さんのプロデュースにより、県内出身音楽家12人で構成するアンサンブル。この日は「トルコ行進曲」などクラシックの名曲のほか、津軽三味線の演奏も織り交ぜた。曲の合間には楽器の紹介を行い、ホルンの管の長さと同じ約4メートルのゴムホースの演奏も披露した。最後に生演奏をバックに参加者全員で校歌を合唱した。この後、楽器体験で交流を深めた。

(2010/ 6/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。