PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
学校給食にW杯メニュー登場

 4年に1度のサッカーの世界大会「FIFAワールドカップ」にちなみ、市内枇杷島地区学校給食共同調理場は今月初めから「世界を食べつくしちゃおう給食」を登場させた。ワールドカップに出場する32カ国の有名料理、その国にちなんだ食材を使った献立に、配食校の児童生徒の反応は上々だ。

 同調理場は昨年の国体に合わせ、47都道府県の郷土料理、特産品を取り入れた献立を作った。今回はこれに続く。食を通して世界のことを学んでもらおうと、各国の特色を調べ、メニューの試作を重ねた。今月初め、開催国・南アフリカのグラタン風な「ボボティ」からスタートした。

 ワールドカップ開幕の11日はアメリカで、ハワイの「ロコモコ」がメーン。学校給食では初めて半熟卵を使い、ハンバーグの上に落とすという献立だ。

(2010/ 6/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。