PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
生紙工房で「高柳人の書」展

 市内高柳町門出の「高志(こし)の生紙(きがみ)工房」(小林康生代表)で3日から「高柳人の書」展が始まった。初日には、門出和紙の短冊に集まった人たちが筆で願いを書き、笹(ささ)に飾った。

 同展は小林代表と工房スタッフがかねてから企画していた。楮(こうぞ)を原料とした門出和紙は墨がにじまず、書には不向きとされるが、そんな中で高柳在住・出身の書に親しむ人から、高柳の自然をうたった俳句や短歌、詩、学校の校歌などを書いてもらい、展示した。

 出品は村田桂石さん、牧野廣圓さん、高柳書道教室(代表・吉川妍石さん)など合わせて19人。小学4年生2人を含む。約80点の展示で、いずれの作品も読みやすく、郷土に根ざした親しみやすい内容で、訪れた人たちの目を楽しませている。「風土の中で生まれた紙は風土の中で使われて一巡し、文化になる」と小林代表は話し、大勢の来場を歓迎。会期は9月3日まで(お盆は休館)。

(2010/ 7/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。