PHOTOニュース

県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)


グランドオープンした柏崎港に浮かぶ漁菜マーケット「夕海」=11日午前、市内番神1 (2020/07/11)

>>過去記事一覧
えんま通り「復興へ一枚岩に」

 市内旧本町7丁目のえんま通りでは16日午前、中越沖地震の犠牲者への黙とうをささげ、深く手を合わせた。また、関係者で構成するえんま通り復興協議会(中村康夫会長)は、3年間の歩みを振り返る会を開き、復興への誓いを新たにした。

 この日は、地震で倒れた建物の下敷きになった通行人の女性の死を悼み、献花、黙とうを行った。夏空の下で町内関係者、支援者らが手を合わせ、町内の田川聖子さん(68)は「突然の不幸に遭われたご遺族の気持ちを考えると、胸が痛む」と花をたむけた。

(2010/ 7/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。