PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ぎおん柏崎まつり「新たな飛躍」へ心意気

 年間最大の市民イベント「ぎおん柏崎まつり」が24日開幕した。今年は市制70周年、旧高柳・西山町との合併5年、中越沖地震後3年の節目。初日午後は幼稚園・小学校のマーチングパレード、夜は民謡街頭流しの踊り絵巻が市中に繰り出し、25日はたる仁和賀パレードで市民の元気をアピールした。26日は越後三大花火の1つ、海の大花火大会でまつりのフィナーレを飾っていく。

 24日の民謡街頭流しには市内の町内会やコミセン、子ども会、企業・団体から47団体、3600人近くが参加した。まつり協賛会長の会田市長が「震災からの本格的な復興に向かって、みんなで力を出す時期。元気な踊りで復興、新たな飛躍へ頑張っていきたい」と呼び掛けた。

(2010/ 7/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。