PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
荒浜小児童が校舎耐震補強工事を見学

 校舎の耐震補強工事の進む荒浜小(石塚康也校長、児童数287人)の5・6年生100人が3日、現場見学を行った。大きな鉄骨ブレースの役割などの説明を受け、児童らは「すごい」と目を見張った。

 同校は新耐震基準以前の1966年の建設で、鉄筋コンクリート造り2階建て。2009年度に実施した耐震診断で管理・普通教室棟の耐震指標が最低値の0・47となった。このため本年度、耐震補強工事に取り組んでいるもので、6月下旬に着手した。

 対象面積は1847平方メートル。1・2階の廊下側の壁9カ所に鉄骨ブレース、1階に大梁(はり)を受ける支柱を1カ所補強する。これにより耐震指標の最低値が0・76に向上し、文科省が示す耐震基準値0・70を上回る。工事期間中、児童たちは体育館に設けた仮設教室で学んでいる。

(2010/ 9/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。