PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
JNESが地震動観測で3千メートルの掘削

 独立行政法人原子力安全基盤機構(JNES)は22日、新潟工科大、東京電力と整備をした共同研究拠点「原子力耐震・構造研究センター」の完成を前に、地震動観測のための深さ3千メートルの掘削と地震計設置工事の安全祈願祭を同大構内で行った。

 2007年の中越沖地震で東電柏崎刈羽原発は想定を超える揺れに見舞われた。同大構内では深さ3千メートルで原発直下と同じ硬い地盤に達することから、深い地盤における地震動の伝わり方や揺れの特性を調べることができると見ている。ボーリング掘削は来年5月ごろに終えて地震計を設置し、夏ごろから観測に入る。

(2010/11/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。