PHOTOニュース

北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)


谷根川河口近くで始まったサケの捕獲作業=市内青海川 (2020/10/21)

>>過去記事一覧
市水田農業推進協が11年産米の目標配分

 柏崎市に配分された2011年産米生産目標を地区別に配分する市水田農業推進協議会通常総会が28日、柏崎農協本店で行われ、配分案を承認するとともに、新年度から正式にスタートする農業者戸別所得補償制度について、北陸農政局新潟農政事務所から概要説明を聞いた。

 協議会長の今井長司・柏崎農協経営管理委員会会長はあいさつで、モデル事業だった10年度の戸別所得補償制度で市内に約5億5千万円、管内全体では7億円を超える金額が入ったことから「米価下落の中で、農家経営、地域経済の大きな下支えになった」と評価。大雪による農業施設への被害、ラニーニャ現象による春の低温を心配した。

(2011/ 1/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。