PHOTOニュース

「新型コロナウイルス感染症から柏崎市民を守る」とした「共同宣言」を行う桜井市長と西川会頭=24日、市役所大会議室 (2020/09/25)


公開の通し稽古をした人形浄瑠璃の「猿八座」=22日、市内高柳町岡野町のギャラリー姫の井「酒の館」 (2020/09/24)


樹上脱渋の袋がけ作業=19日、市内新道の柿団地 (2020/09/23)

>>過去記事一覧
どんぶり選手権で鯛茶漬けが準グランプリ

 柏崎地域観光復興推進協議会(内藤信寛会長)は、15日まで東京ドームで開かれた「ふるさと祭り東京・全国ご当地どんぶり選手権」で見事準グランプリを獲得した。同協議会は昨年と同じく「鯛(たい)茶漬け」で出場。全国の強豪16チームと激しい競争を繰り広げた結果、前回の第3位より順位を上げ、2位となった。開催中の9日間に提供した鯛茶漬けは1万700食。特に、最終日前日の14日には過去最高の1727食を記録した。第1位は前回と同様の「うにめし丼」(北海道)。3位は初出場の「やまゆり牛ステーキ丼」(神奈川県)が入った。東京ドーム総入場者数は前回とほぼ同じ38万人だった。 

(2012/ 1/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。