PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
水球日本男子、五輪出場ならず

 ロンドン五輪予選を兼ねる水球アジア選手権3日目の26日、千葉県国際総合水泳場で日本男子はカザフスタンに4−6で惜敗し、28年ぶりの五輪出場の夢は絶たれた。日本女子も中国に6−18で敗れ、2戦2敗で最下位になった。 

 アジア選手権は男子4カ国、女子3カ国が出場し、男女の1位国が五輪切符を手にする。この日、日本男子は五輪出場をかけた天王山となるカザフスタン戦とあって、会場には大勢の観客が詰め掛けた。柏崎からもブルボンKZ応援バスを繰り出し、現地に直接駆け付けた人も含め約100人が最後まで五輪出場を信じ、声を振り絞って応援した。会場には荒浜小児童の手形で作った「絆」の応援幕も張り出された。 

(2012/ 1/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。