PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
全日本ライフセービングで池谷選手2種目V

 神奈川県藤沢市の片瀬西浜海岸で6・7日に行われた第38回全日本ライフセービング選手権大会で、柏崎ライフセービングクラブ(安沢勇次主将、14人)は池谷雅美選手らの活躍で59チーム中、総合11位と健闘した。

 池谷(旧姓遊佐)選手は世界選手権で常にトップクラスに入る強豪で、昨年結婚を契機に柏崎のクラブに入ったばかり。今大会でもビーチフラッグスとビーチスプリントの2種目で優勝し、チームを引っ張った。内山絢太、安沢勇次、中島良平、池谷薫の4選手が出場したビーチリレーでは5位に入賞した。

(2012/10/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。