PHOTOニュース

真剣な表情で、自分の卒業証書となる和紙をすく高柳小6年生=21日、市内高柳町門出 (2021/01/22)


新型コロナウイルス収束、地域の安泰や健康を祈願した大寒水行=20日、市内藤井の妙覚寺 (2021/01/21)


桜井市長に目録を贈呈した信金中央金庫の山田所長(中央)、小出理事長(右)=19日、市役所応接室1 (2021/01/20)

>>過去記事一覧
原発立地地域のまちづくり事業で池上彰氏講演

 東京電力福島第一原発の事故後、国のエネルギー政策の行方が問われている中、柏崎刈羽原発を立地する柏崎市がどのようなまちづくりをしていくかを考える「明日の柏崎づくり事業」の第1弾として、ジャーナリストの池上彰氏の講演会が18日、文化会館アルフォーレで開かれた。池上氏は国内外のエネルギー情勢を解説し、「原発は運転してもしなくても大きな課題がある。立地地域がどうするかは市民一人一人が考え、皆で話し合っていくべき」と訴えた。

(2013/11/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。