PHOTOニュース

桜井市長ら3市の首長がオンラインで行った拉致被害者関係市連絡会=15日、市役所多目的室 (2021/06/15)


歩行者天国を楽しんだ「えんまテラス」。飲食、雑貨のテントが並び、ライブ演奏が行われた=13日、市内東本町2 (2021/06/14)


環境整備部員ら地域の人から教わりながら、花苗を植える東中1年生=田尻コミセン近く (2021/06/12)

>>過去記事一覧
植木組がガス管更生工法を開発

 市内新橋の植木組(植木義明社長)はこのほど、低コストで、短時間に既存ガス管の長寿命化・耐震化を高めるGSP(ガスサーモパイプ)工法を名古屋市内の企業と共同開発した。

 開発した工法は、引っ張りに強い強化ポリエステル繊維の内外表面に腐食に強いポリエチレンをコーティングしたライニング材を、あらかじめ平らにつぶしておき、これを既設の管内に引き込み、蒸気とエアで拡張させて管の内側に密着。その後、常温で冷却・硬化させるというもの。

(2014/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。