PHOTOニュース

桜井市長ら3市の首長がオンラインで行った拉致被害者関係市連絡会=15日、市役所多目的室 (2021/06/15)


歩行者天国を楽しんだ「えんまテラス」。飲食、雑貨のテントが並び、ライブ演奏が行われた=13日、市内東本町2 (2021/06/14)


環境整備部員ら地域の人から教わりながら、花苗を植える東中1年生=田尻コミセン近く (2021/06/12)

>>過去記事一覧
東電が柏崎原発周辺で火山灰調査へ

 東京電力柏崎刈羽原発の横村忠幸所長は9日の定例会見で、原子力規制委員会による同原発6、7号機の適合性審査に関連し、火山の影響評価の一環で新たに敷地周辺の火山灰調査を行うことを明らかにした。刈羽村油田と出雲崎町市野坪地内の2地点で火山灰を採取する。来週から作業を始め、今月下旬には終わる見込みだ。

 横村所長は、火山噴火などが原発の安全性に与える影響として九州電力川内原発の審査会合で火山灰のことが指摘されていることを踏まえて自主的に調査をすると述べた。御嶽山の噴火とは関係がないという。

(2014/10/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。