PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発差し止め訴訟で双方主張

 東京電力柏崎刈羽原発の運転差し止めを求め、地元と県内外の住民らが東電を相手取って起こした訴訟の第13回口頭弁論が24日、新潟地裁(西森政一裁判長)で行われ、地震との関連で原告側、東電側双方がそれぞれの準備書面について主張を展開した。

 原告側代理人は「中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発には硬さ試験や目視試験で設備健全性を確認できないグレーゾーンがある」と指摘したほか、基準地震動策定の前提が観測データと整合していないとした。

(2015/12/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。