PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
人物館で「えんま市の今むかし」展

 柏崎ふるさと人物館でえんま市を前に、ミニ展示「えんま市の今むかし」展が開かれている。昔懐かしい写真や文献、ポスターなどでもう一つの“えんま市”を楽しませている。会期は19日まで、時間は午前9時〜午後5時。月曜休館。

 会場では、焼失前の閻魔(えんま)堂にあった閻魔大王などが来場者を迎え、宿屋の主人が宿泊者の見せ物について、「手おどり」「かるわざ」など名前や人数を記した江戸時代の文献などが並んだ。市内の写真家・故真貝新一さんらが撮影した昔の露店風景と、今のものとの対比もある。

(2016/ 6/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。