PHOTOニュース

「新型コロナウイルス感染症から柏崎市民を守る」とした「共同宣言」を行う桜井市長と西川会頭=24日、市役所大会議室 (2020/09/25)


公開の通し稽古をした人形浄瑠璃の「猿八座」=22日、市内高柳町岡野町のギャラリー姫の井「酒の館」 (2020/09/24)


樹上脱渋の袋がけ作業=19日、市内新道の柿団地 (2020/09/23)

>>過去記事一覧
東電社長が市村長と面会「再稼働は地元理解前提」

 東京電力の小早川智明社長が9日午後、年始のあいさつで市役所を訪れ、桜井市長と面会し、柏崎刈羽原発6、7号機が原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査に正式合格したことを報告した。小早川社長は再稼働には地元の理解が前提とし、「安心が伝わるように対話からスタートしたい」との考えを示した。また再稼働の条件で、1〜5号機に関する廃炉計画の策定を東電に求めている桜井市長は「検討を実質的に進めてほしい」と要望した。

(2018/ 1/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。