PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
視覚障害の栗川さん、「姉崎文庫」の歴史語る

 約100年前に市内で発祥し、現存する点字図書館としては日本最古で、郵送による点字本の貸し出しを全国に先駆けて始めた「姉崎文庫」。創始者・姉崎惣十郎(刈羽村出身、1886〜1944)の功績について、栗川治・県視覚障害者福祉協会副理事長(61)=新潟市西区=が17日、市総合福祉センターで開かれた「アイフェスタにいがた2021」(同協会など主催)のフォーラムで語った。栗川さんは昨年、同協会・点字図書館創基100周年記念誌として、姉崎文庫の歴史をまとめた。フォーラムではその後に見つかった資料なども紹介し、ゆかりの地・柏崎神社大門前に発祥の記念碑が建てられたらいいと期待を込めた。

(2021/10/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。