PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
NEC新潟でケナフの刈り取り作業

 市内安田、NEC新潟で13日、工場敷地内で栽培してきた環境植物・ケナフの刈り取りが行われた。社員と家族が早速、ケナフ紙作りに挑戦し、残りは栃木県の製糸会社に送り、名刺などに活用したい考えだ。

 ケナフはアフリカ原産の1年草。生育時に二酸化炭素を多く吸収・固定化することから、地球温暖化防止などの役割が期待されている。同社はNECグループ挙げての環境保護活動の一環として、社内でボランティアグループ「ケナフ十字軍」(隊員47人)を組織。5月に種を植え、水やり、追肥、倒伏防止の支柱立て、ひも張りなどを行った。約1100本が夏に大きく成長し、9月から白い花を咲かせ、4メートルを超えるまでに育った。

 この日は家族連れの社員ら約40人がなた、かまなどを手に、刈り取りに精を出した。隊長の西須優・リニューアル推進センター課長は「最初は生育が心配だったが、夏場に急成長した。これほど伸びるとは」と驚いていた。茎は1メートルほどに長さをそろえ、約3週間乾燥させた後、栃木県の製紙会社に送る。

 また、一部はその場で皮をむいて細かく切り、家庭用のミキサーでくだいて、鍋で煮た。参加者は市販の紙すきセットを使い、早速、紙作りに挑戦した。佐越政一・環境管理センター長代理は「植えて刈り取った後のパルプ化は、費用面などが今後の課題」と話した。

(1999/11/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。