PHOTOニュース

新しい形のイベント「えんまテラス」。広くきれいになった歩道などで楽しんだ=27日、市内東本町2 (2020/09/28)


部門ごとに入賞作品を返却される出品者=26日午前、ソフィアセンター (2020/09/26)


「新型コロナウイルス感染症から柏崎市民を守る」とした「共同宣言」を行う桜井市長と西川会頭=24日、市役所大会議室 (2020/09/25)

>>過去記事一覧
高卒者の就職内定74.6%で苦戦

 柏崎公共職業安定所(山口隆所長)のまとめによると、今春管内の高校を卒業する就職希望者への求人数(12月末現在)は482人、就職内定率(同)は74.6%で、前年同期をそれぞれ6.2ポイント、5.5ポイント下回った。内定率では前年に比べ、男子の苦戦ぶりが目立つ。

 就職希望者287人のうち、内定を決めたのは214人。このうち、男子の内定率は81.9%、女子は65.4%で、前年よりそれぞれ8.7ポイント、3.4ポイント減った。女子は商業系で事務系、販売店員系職種の希望が強いが、事務系の求人減、短大生・専門学校生との競合やパート採用の傾向などから苦戦を強いられている模様だ。

 管内企業への内定は129人、管内就職率は60.3%で、前年よりそれぞれ13人、1.4ポイント減った。県内への流出は長岡27人、新潟9人など61人。県外への就職は24人。これに対し、上越、十日町、六日町など管外からの受け入れは男子10人、女子4人の14人だ。

 一般雇用情勢が低迷を続ける中、高卒者の求人倍率は1.68倍で前年より0.11ポイント減った。中でも、管内求人数は230人で前年より10.2%と大幅に減った。管外からの受け入れを含めると、管内求人の充足率は62.2%でほぼ前年並みとなっている。

(2001/ 1/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。