PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
桂文也さん招き24日にジェンダー落語

 かしわざき女性プラン推進市民会議(添田敦子会長)が24日、市民プラザで総会を開く。今年度からスタートした「かしわざき男女共同参画プラン」の推進市民会議としては第1回総会ともなるもので、ジェンダー(社会的・文化的性差別)フリーを目指す落語家として活躍中の桂文也さんの公開講演会も行われる。

 総会は午後1時から開かれ、「暮らしやすさを考え、居心地の良いまちづくり」「男性・女性を問わず、住んでいて良かったなあというまちづくり」を目指して、予定の議事を進める。引き続き、午後2時半から桂さんの講演「笑って、感じて、気づいて、変わる」、ジェンダー落語「目覚めのススメ」を聴く。

 桂さんは1952年、京都市生まれ。73年に桂小文枝(現5代目桂文枝)さんの弟子として入門。その後テレビ、ラジオで活動後、坂東英二さんの事務所に移籍。落語家の一方、エッセーやコピーライターとしても活躍し、現在はフリー。ジェンダー落語はほかに、「熟年パニック症候群」など。

 たくさんの参加を歓迎。問い合わせや申し込みは市民プラザ内、市女性政策室分室(電話20-7605)へ。入場無料。保育ルームも用意されるが、予約が必要(おやつ代1人200円)。

(2001/ 6/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。