PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
画家の水野竜生氏が一中後輩に公開授業

 市立一中(種岡隆夫校長、生徒数284人)で17日、同校出身の画家・水野竜生氏(37)=東京在住=を迎え、美術の公開授業を行った。水野氏は自身が在籍した当時と同じ3年2組のクラスで、作品の描き方、鑑賞の仕方などを分かりやすく教えた。

 水野氏は同校を経て、神奈川県の高校、東京芸大で学んだ。1990年から7年間パリに留学し、この間、ル・サロン展で栄誉賞を受けるなど数々の賞に輝いた。帰国後は国内各地で個展を開いている。

 公開授業は、先輩を講師に招いて専門的な立場から教えてもらうことを狙った。水野氏は、生徒たちが「柏崎への思い」をテーマに描いた作品をもとに指導。海と米山、夕日にカモメなどが描かれた作品を講評し、「絵を描く時は自分の気持ちを大切にしてほしい」と助言した。

 教室には水野氏の作品が展示され、この解説も行われた。授業の終わりに生徒代表が感想を述べ、小山貴光君は「思ったことを描くことの大切さが分かった」、原瑞恵さんは「ふだん使わない技法も知ることができてよかった」、綿貫広大君は「自分の想像でいろんな作品ができることも分かった」と話した。

 公開授業は初めてという水野氏は「生徒が描いた柏崎のイメージは今の時代にあって明るく気持ちのいい絵だ」といい、「自分で描くのも見るのもいいが、絵が人生の指針になったり、喜びになってほしい」と後輩に期待を託した。

(2001/10/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。