PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
ボランティアに関する俳句で内閣総理大臣賞

 「車いす おして一緒に ぼんおどり」。市立北鯖石小六年・矢島愛さんの作った俳句が内閣府主催の「ボランティアに関する絵画、俳句コンテスト」の小学生俳句の部で内閣総理大臣賞に選ばれた。小学生では全国ただ1人。表彰式はこのほど東京・霞ヶ関ビルで行われ、父親の栄さん(39)と出席した。

 このコンテストは、国連が今年を「ボランティア国際年」に制定したことを受け、内閣府がボランティア活動の普及や促進を目的に、全国の小・中学生、高校生を対象に行われた。

 応募は俳句18,481句、絵画1,554作品で、両部門から内閣総理大臣賞に小学生、中学生、高校生の各1点、経済財政政策担当大臣賞6点、内閣府国民生活局長賞9点が選ばれた。

 矢島さんは市内の特養・むつみ荘の盆踊りを楽しみにしていたが、地域の行事と重なり友達から盆踊りの様子を聞き、車いすを押してもらい盆踊りの輪の中で喜んでいるおばあさんたちの顔が浮かんだ。俳句には「自分も車いすを押してあげたかった」という気持ちを表した。矢島さんは家族とともに受賞を喜び、「施設で入浴の手伝いをしてみたい」と笑顔で話した。

(2001/10/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。