PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎の宿泊者、目的は「海水浴」圧倒的

 柏崎観光産業振興協会(土田新吾会長)が今年4月から9月にかけて柏崎を訪れた宿泊者に対して実施したアンケート調査の結果がこのほどまとまり、「柏崎への目的」は例年と変わらず海水浴がトップを占めた。

 アンケートは、はがきで300枚を郵送し、そのうち77枚を回収した。目的トップの海水浴は全体の70%で圧倒的。観光など2位以下はいずれも10%に満たなかった。また、柏崎に再度行くと答えた割合は昨年の87%には及ばなかったものの、依然83%と高率で、旅の目的と考え合わせると、海水浴に相変わらず高い人気が集まっていることをうかがわせた。

 宿泊施設の接客サービスは「良い」が43%で、「普通」「悪い」を上回り、宿泊料金はホテル・旅館、民宿とも「妥当」が最多だった。

 意見として「料理が良かった」「海が穏やかで良かった」「柏崎のきれいな海をまた見に行きたい」「海中花火がすごく感動的だった」という好意的なものが数多く寄せられた半面、「何が売りの街なのかピンとこない」「観光スポットへ正確に行ける地図がほしい」などの苦情の声もあった。

 調査結果の概要は次の通り。

 【柏崎への目的は】
  海水浴=70%
  観光 = 8%
  旅の途中で宿泊するのに都合がよかったから= 6%
  海の幸を食べるため= 3%
  その他=13%

 【接客サービス】
  良い  =43%
  普通  =32%
  悪い  =21%
  回答なし= 4%

 【客室の手入れ】
  良い  =38%
  普通  =40%
  悪い  =19%
  回答なし= 3%

 【宿泊料金(ホテル・旅館)】
  高い =25%
  妥当 =63%
  安い = 8%
  無回答= 4%

 【宿泊料金(民宿)】
  高い =30%
  妥当 =55%
  安い = 8%
  無回答= 7%

 【宿泊数】
  一泊=64%
  二泊=34%
  三泊= 2%

 【今後も柏崎に行く予定は】
  行く  =83%
  行かない= 4%
  未定  = 8%
  無回答 = 5%

(2001/11/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。