PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ラピカ問題で3億4,047万円の返還命令

 刈羽村生涯学習センター「ラピカ」で安価な材料が使われるなど、村の知らない多数の設計変更が行われていた問題で、電源三法交付金を交付した経済産業省は13日、補助金等適正化法に基づき、交付金の一部取り消しと約2億6,047万円を返還するよう村に命じた。返還期限は1月4日で、交付金受領日からの「利子」に当たる加算金約8,000万円を加えて計約3億4,047万円。品田村長は19日から始まる村議会12月定例会で返還金を含む補正予算案を提出し、納期までに全納したい考えだ。

 会計検査院は先月末、不当な交付金は約2億6,054万円と指摘した。経産省は検査院の指摘に沿った形だが、規格が下回る陶芸工房の畳を村が修復する考えを踏まえ、検査院の認定より約7万円減額した。この日、東北経産局(仙台市)は品田村長を呼び、村上正美・電力ガス事業部長が返還命令書を手渡した。

 返還額は事業費が約1億9,447万円、施工監理費が6,600万円。「利子」に当たる加算金は、98年と99年4月の交付金受領日から返還日までをそれぞれ年率10.95%で日割り計算し、返還金の納付後、請求される。1日当たりの加算金は約10万円。返還期限以降はさらに同率の延滞金が課される。

 電源三法交付金事業で会計検査院の不当事項の報告を受け、国が巨額の返還を命じるのは初めてだ。経済産業省資源エネルギー庁の舟木隆・電力基盤整備課長は、当時の東北通産局の担当者数人に口頭注意を行い、専門家派遣でラピカ事業を助言した「電源地域振興センター」に透明性を確保するよう行政指導を行ったことを明らかにした。

 不十分な検査で全額交付した国の責任について、舟木課長は「確定検査に不適切なところがあり、反省している」と述べたものの、「補助金等適正化法に基づき厳格に処理し、再発防止策を取るのが我々の責務」とこれまでの見解を繰り返した。再調査は考えていないとした。国の検査責任を問う村議会の意見書については、「貴重な意見と受け止めるが、一般論として国家賠償法に触れる責任があるとは思わない」と述べた。

(2001/12/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。