PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
こども絵画コンクールで田村さんが大臣奨励賞

 住友生命が国内外から作品を募集した第25回こども絵画コンクール(全国造形教育連盟など協賛、文部科学省など後援)の最終審査がこのほど行われ、市内東本町1、柏崎小4年・田村千晴さんの「よぞらのタクシー」が特別賞の文部科学大臣奨励賞に輝いた。入賞作品は東京・大阪で展示されたほか、そのうちの特別賞6点と金賞・銀賞55点は来年3月15日から1カ月間、フランス・ルーブル美術館で展覧会が行われる。

 この絵画コンクールは、「未来を担う子供たちの心豊かな成長」を目的に毎年開催されている。昨年度からルーブル美術館が後援に加わり、今年3月に初めて同美術館での展覧会が実現した。今年度は「21世紀の〜ゆめ・きぼう〜」をテーマに6,7月に作品を募集し、全国と一部海外から約18万2,500点の応募があった。

 田村さんの作品「よぞらのタクシー」は、小さいころの自分が竜に乗って空を飛んでいる。「竜が本当にいて、乗ることができたらいいなという気持ちでかきました」と田村さん。絵の具を使って1週間くらいで完成させた。絵が好きで、このコンクールには毎年出品しているが入賞は初めて。「フランスで飾られるのはとってもうれしい」と話す。また母由美さん(33)は「今回はよくかけているとは思っていましたが、このような賞をいただくとは……」と入賞を喜んだ。

 このコンクールでは応募用画用紙1枚につき1円、応募作品1点につき10円を日本ユニセフ協会に寄付し、開発途上国の子供たちのために役立てている。

(2001/12/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。