PHOTOニュース

桜井市長ら3市の首長がオンラインで行った拉致被害者関係市連絡会=15日、市役所多目的室 (2021/06/15)


歩行者天国を楽しんだ「えんまテラス」。飲食、雑貨のテントが並び、ライブ演奏が行われた=13日、市内東本町2 (2021/06/14)


環境整備部員ら地域の人から教わりながら、花苗を植える東中1年生=田尻コミセン近く (2021/06/12)

>>過去記事一覧
韓国のヤン君が門出小で体験見学

 高柳町の門出小(伊藤充校長・児童数15人)に21日から、韓国ソウル市の小学4年生・ヤン・ヒー・ボン君が体験見学に訪れており、児童たちと仲良く日本の学校生活を楽しんでいる。2月1日まで学校に通い、同月中旬には韓国へ帰る。

 ヤン君は、母親が、門出小2年・村田知秀君の両親、村田良知さん・トモエさんと友だちで、今月20日に1人で来日した。「日本の小学校を体験してみたい」というヤン君の希望に町教育委員会と学校が、「小さな学校の児童にとって、よその子供と交流することは大切。国際理解協力の観点からも意義深い」「今年は日韓ワールドカップの年でもある」として、2月1日までの2週間、体験見学を認めた。ヤン君は算数などは4年生のクラスで、日本語の必要な他の科目は1,2年生のクラスで机を並べる。

 ソウルの小学校は全校児童が2,000人以上いる大規模校で、「門出は小さな学校でびっくりしたけれど、みんなの顔が分かるし、すぐに友だちになれた。毎日が楽しい」とヤン君。門出小の児童も、お互いに片言の日本語と英語での会話ながらすぐに仲良しになった。村田知秀君は「サッカーがとても上手だよ」、5年の村田永莉さんも「明るくて、いつもニコニコしている」と話しながらヤン君をサポート。30日は地域の人たちを迎えて学習発表会が行われ、ヤン君はパソコンを操作し、ビデオプロジェクターを切り替える役を務めた。

(2002/ 1/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。