PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
シニア登山愛好会が今年山行計画決める

 柏崎シニア登山愛好会(三井田徳之助会長、会員数185人)が10日、市民会館会議室で総会を開き、今年の山行計画を決めた。会場には会旗、スローガンが掲げられ、本格的なシーズン開幕を前に、会員たちは大張り切りだった。

 同会は中・高年の登山好きな人たちが集まって、心のよりどころ、登山の喜びを共有する場をつくろうと1998年に発足した。50,60代を中心に構成しており、今では発足当初の会員数の3倍に上っている。

 「明るく仲よく力いっぱい」のスローガンが張られた会場で、最初に三井田会長が「安全を第一に、体力、脚力が大もと。ふだん使っていないと体力が落ちるので、日ごろから足を鍛えておいてほしい」とあいさつ。「自分のペースを守って」「集団で登ることから全体の動きを配慮して」などとも呼び掛けた。

 続いて議事を進め、勤めの有無などで日曜組・木曜組の2班に分けたメーンの山として4月の弥彦山を皮切りに、11月の米山まで毎月1回の山行を決めた。このほか健脚のためのスペシャルの山として、栗ケ岳山、八ヶ岳など。登山をゆっくり楽しみたいという人のために、北横岳、黒斑(くろふ)山など”楽ちんな山”も計画に入れた。

 同会への入会申し込み、問い合わせは三井田会長(電話22―2442)へ。 

(2002/ 3/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。