PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
期待込め「人物館」竣工式

 市が、市内東本町1の旧市立図書館でリニューアル工事を進めてきた「柏崎ふるさと人物館」が完成し、24日、たくさんの関係者が集まって竣工式を行った。館内にぎっしりと並ぶ資料が、柏崎刈羽の先人たちの足跡をしのばせ、参列者は新しい役割を担って再生する施設に期待を高めた。

 この日は午前10時半からテープカットなど記念のセレモニーが進められた。西川市長は「多数の市民から利用された図書館が装い新たに衣替えをした。遺族をはじめ、各方面の有形・無形の協力でしつらえることができた。ふるさとが世に誇られる先人の足跡をお披露目でき、社会的・歴史的にも意味ある施設だ」とあいさつ。 

 セレモニーに続き、館内見学に移った。常設展には「産業・経済」「社会の発展」「学術・教育・スポーツ」「芸術・文化」「江戸時代後期」の5分野に、近世末から近現代にかけて活躍した110人の書籍、額、賞状など事績が展示された。枇杷島出身で「シートン動物記」の翻訳者・故内山賢次さんの次男の妻で横浜から来たという内山つね子さん(74)は「義父とは一緒に生活していただけに、こうして展示され、とても感慨深いものがある」と話した。

 人物館は、新図書館の開館で使命を果たし終えた旧図書館を有効活用したもので、市制60周年記念事業の一環に位置付けられた。柏崎刈羽の産業、文化の礎を築いた先人たちの資料を展示し、遺徳をしのぶと同時に、先人の生き方を学び、心の糧にすることを狙った。資料収集を開始して以来、5年の歳月をかけ、念願の開館にこぎつけた。一般公開は4月1日から。

(2002/ 3/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。