PHOTOニュース

市展のWEB展示場に向け、作品を写真に収める作業を行った伊部さん(右から2人目)、坂田さん(同3人目)=14日、ソフィアセンター (2020/09/30)


柏高生が文化祭で取り組んだ立体作品=東本町1のフォンジェ (2020/09/29)


新しい形のイベント「えんまテラス」。広くきれいになった歩道などで楽しんだ=27日、市内東本町2 (2020/09/28)

>>過去記事一覧
柏崎管内の解雇733人で平成最悪

 柏崎公共職業安定所(金子勝所長)のまとめによると、昨年度1年間の1件5人以上の企業整理は30件、解雇人数は733人で、件数は平成に入って2番目、解雇人数は最悪の多さだった。有効求人倍率(パートを除く常用)は0.46倍で、99年度の0.41倍に次ぐ低い水準だった。

 管内では平成に入ってから、倒産、規模縮小などによる企業整理の件数は1998年度の35件、解雇人数は99年度の577人が最多だった。01年度の30件は99年度と並ぶ2番目の多さ、解雇人数は99年度を156人も上回った。昨年10月にはNEC新潟の譲渡・再編に伴う離職分が一括計上され、3件、319人と急増した。1件4人以下の解雇人数は計上されない。

 雇用保険の新規受給資格決定者は計2,989人で、延べ受給者数は1万4,749人。受給者数は昨年4月から毎月1,000人台で増加傾向が続き、昨年10月以降は1,300人前後で推移している。雇用保険は、会社の都合などで失業した場合、再就職の意欲のある人に所定の手当が支給される。受給者は実際の失業者のうちの一部だ。

 また、昨年度の有効求人数は計1万992人、有効求職者数は計2万3,950人で、有効求人倍率は0.46倍だった。県平均は0.43倍。有効求人倍率は求職者1人に対する求人の割合を示し、景気動向を示す指標の1つとされる。一般雇用の安定には1.5倍程度が必要と言われる。管内では97年度から長期低迷が始まり、九八年一月から1.0倍を下回る状態が4年3カ月続いている。99年4月と昨年12月、今年1月には、柏崎職安が66年1月に集計を取って以来、最悪の0.36倍を記録した。

(2002/ 5/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。