PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
15歳未満の子供人口の減続く

 5日は「こどもの日」。市内の15歳未満の子供の人口は4月1日現在、1万2,314人。前年に比べ、334人減少したことが市の年齢別人口統計で分かった。また、市人口に占める割合は前年に比べて、0.3ポイント減の14.3%になり、少子化傾向を数字の上でも明らかにした。

 統計によれば、男女別の内訳では男子が6,362人、女子が5,952人で、男子が410人多い。年齢階層別では、5歳以下の乳幼児が4,552人、小学生の年代に当たる6歳から11歳までが5,031人、中学生の年代の12歳から14歳は2,731人だった。

 年齢別では14歳が最も多く944人で、13歳の923人、11歳の873人などの順。最も少なかったのは零歳児の719人、次いで1歳児の730人、2歳児の746人などだった。年齢が下がるにしたがって、徐々に少なくなる傾向だ。

 これまで10年間の15歳未満の人口推移のグラフは別掲。毎年減り続けており、今年は、前年同期に比べて男子が156人、女子が178人それぞれ減った。10年前の1992年に比べて、全体で3,300人の減少だった。

 ちなみに、県内の15歳未満人口は35万4,077人で、前年に比べて6,423人の減少。県人口に占める割合は約14.4%。全国では約1,817万人。前年よりも約17万人の減少で、総人口に占める割合は約14.3%だった。

(2002/ 5/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。