PHOTOニュース

柏工―新津工。柏工は2点を追う9回二死2・3塁、大橋の左前適時打で二走・庭山が生還し、5―5に=20日、佐藤池球場 (2021/07/21)


東京五輪に向け、柏崎アクアパークで練習するセルビア、モンテネグロの男子水球チーム=19日 (2021/07/20)


柏崎の水道の歴史、自然の豊かさなどを紹介した「水のふるさと展示室」=上米山コミセン (2021/07/19)

>>過去記事一覧
拾われた現金は年間623万円

 柏崎署に昨年1年間に届けられた遺失物(落とし物)の届け出は1,026件、拾得物(拾い物)は1,519件で前年よりそれぞれ310件、152件少なかった。拾得物のうち現金は約623万円で前年より約458万円減。60%の約370万円が落とし主の手元に戻った。

 遺失届けのうち、現金は約213万円減の1,181万1,675円、品物も約950点減の3,021点だった。一方、拾得物は現金が約458万円減の622万6,439円だったのに対し、品物は約3,200点増え、9,359点に上った。品物数の増加のほとんどは、決まりにより遺跡出土品の届け出があったため。

 拾得物の中で落とし主に返還されたのは630件と遺失件数の6割にあたり、返還された現金は368万4,720円、品物は3,031点だった。一方、半年たっても落とし主が現れず、拾い主に交付されたのは246件(現金280万4,499円、品物1,687点)。県に帰属されたのは731件(現金137万3,424円、品物4,613点)だった。現金以外の拾得物で多いのは財布、携帯電話など。携帯電話はほとんどが落とし主に返されたという。

(2003/ 1/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。