PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
市介護保護保険、次期は月額2,967円

 市は20日、今年度第4回目の市介護保険運営協議会(神林良平委員長、委員数20人)を市役所大会議室で開き、次期介護保険料などを盛り込んだ第2期介護保険事業計画案を示した。第1号被保険者(65歳以上)の保険料は、基金の取り崩しで月額平均2,967円になるとして、委員の承認を得た。この後、市議会2月定例会に改正条例案を上程する。

 同計画は介護保険法に基づき、5年を1期に3年ごとに見直しが義務づけられ、今年度は次期計画(2003年度―2007年度)の策定作業が進められた。保険料はこれまで暫定的に算出されていたが、国の介護報酬改定が決まったことに伴い、今回、改めて算出したもので、第1期に比べ、459円の増額となった。要介護認定者の増加、施設サービスの充実が主な理由として挙げられた。年間の基準額の平均は3万5,600円になる見込みだ。

 算出に当たっては、介護保険料の余剰分を積み立てた基金約1億5,000万円のうち、第2期で1億円を取り崩すこととし、あらかじめ保険料の計算に入れた。これにより、月額で1人約140円の減額となる。また、市独自に実施している保険料の減免は2003年度から対象者の要件を一部見直し、範囲を拡大する考えも示した。

 同計画案に関連し、委員からは「市民の中には制度をまだ知らない人もおり、PRしてほしい」「介護保険が始まり、介護が評価されつつあるが、さらに充実するには地域の支えが不可欠だ」「国の構造改革特区が議論されているが、柏崎を介護の分野で検討し、今までにないものに取り組んではどうか」など意見、要望が出た。

(2003/ 2/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。