PHOTOニュース

水素エンジン車の開発を行うリケンNPRの水素ステーション建設予定地 =市内柳田町 (2024/06/22)


ねんりんピック全国大会に12年ぶりの出場を決めたブル刈羽 (2024/06/21)


豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)

>>過去記事一覧
長浜町に民間のディサービス

 市内長浜町の旧くつ店跡で3月1日から、民間事業者による「長浜デイサービスセンターふれあい」が開所した。全国的に福祉サービス事業を展開しているツクイ(本社・横浜市、津久井督六社長)が経営するもので、柏崎刈羽福祉圏域で民間事業者によるデイサービスセンターはこれで2カ所になる。

 同センターは在宅重視の理念に基づいて、入浴、昼食、機能訓練などのメニューを用意し、日帰りで1日を過ごしてもらう施設。同社は1983年、横浜市内で訪問入浴サービスを開始して以来、24都道府県で約百30カ所のデイサービスセンターを開所している。県内では柏崎が14カ所目だ。

 開所に向け、旧くつ店舗内を改装した。スタッフは小林靖広所長をはじめ、看護師、ヘルパー、相談員、調理員ら12人態勢。開設は月曜から日曜までの毎日。祝日・年末年始も行う。時間は午前9時から午後4時までで、希望すれば9時までの延長ができる。定員は1日30人とし、送迎もある。

 機能訓練の充実を方針にしており、小林所長は「車いすからつえで、つえなしで、という希望が多く、少しでも向上できるようにお手伝いしたい」と話す。初回は随時、無料体験が出来る。連絡は同センター(電話28―7233)へ。

(2003/ 3/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。