PHOTOニュース

水素エンジン車の開発を行うリケンNPRの水素ステーション建設予定地 =市内柳田町 (2024/06/22)


ねんりんピック全国大会に12年ぶりの出場を決めたブル刈羽 (2024/06/21)


豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)

>>過去記事一覧
市議選説明会に予想の32陣営

 任期満了に伴い4月27日投票が行われる柏崎市議選(定数30)の立候補予定者説明会が26日、市役所で開かれた。予想の32人の陣営から本人7人を含む58人が出席し、20日の告示まで1カ月を切った戦いに向けて緊張感をみなぎらせた。

 今年の市議選は、高橋照男議長ら4人が今期で引退することから、これまでに現職26人、新人6人が出馬を決めている。説明会では、市選挙管理委員会の末崎昭由委員長があいさつし、「4年に1度の統一地方選は1番身近な選挙。違反のないようにやっていただきたい。また投票率向上への尽力も併せてお願いしたい」と呼び掛けた。

 続いて新潟地方法務局柏崎支局を皮切りに関係機関が、供託金をはじめ立候補や選挙運動の手続きを次々と説明した。当選回数を重ねているベテランの陣営から、今回が初めての新人の陣営までが顔をそろえての説明会だったが、いずれも熱心に耳を傾け、メモのペンを走らせていた。

 立候補届け出書類の事前審査は4月7日から11日まで市役所分館2階の選挙事務室で行われる。

(2003/ 3/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。