PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
新美術館構想で市民説明会

 市内学園ゾーン内で整備される仮称・環境共生公園に県が建設を予定している新県立美術館構想を巡り、市が初めて市民向けの説明会を25日夜、柏崎エネルギーホールで開いた。説明に続き、会場と意見交換を行い、西川市長は「市民の声を集約し、事業推進を」と述べた。 

 県立美術館は今年度、県が調査費を予算化して、設置に向けた取り組みを進めている。しかし、市内では建設位置、内容を巡って議論があることから、市民とともに柏崎にふさわしい美術館の在り方を考え、より良い美術館を目指したいとして、説明会を計画した。

 会には約130人が集まった。最初にこれまでの経過と現況、話題になっている疑問点を含め、事前に用意した11項目について、市長、相沢教育長が説明した。市長は「市内では20年くらい前から美術館建設の要望が出されていた。今回の話は県立で建設費、維持費も基本的には県が費用負担するわけであり、このチャンスを逃したくない」と述べた。

 また、同構想が参加型・体験型の新しい取り組みであること、寄贈が予定される日本画家・平松礼二氏の作品は県の委員会で選別され、個人的な美術館にはならないこと、「モネの庭」とのセットで自然の中で創作活動ができ、地域振興・活性化に役立つこと――などを挙げた。

 会場から「これだけの構想が決まっているのに、何を要望していいのか」「鑑賞教育の視点から内容が余り充実していない」「混乱のもとは県がはっきりプランを示していないから。県に我々の意見がどう反映されるか」など批判や疑問の声が出た。一方、「美術館は柏崎にあった方がいい」「美術館を核に、全国を相手にした作品展などで地域おこしを」など賛成の意見もあった。

 この日の会を締めくくって市長は「具体的な提案があれば、市民からこういう意見があったと県に伝えたい。市民の声を集約しながら県との連携を図り、事業を進めたい」と結んだ。

(2003/ 5/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。