PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
水球日本代表の小林選手に市長エール

 7月にスペイン・バルセロナで開催される第10回世界水泳選手権2003の水球日本代表、日体大3年・小林浩司選手(柏工卒)が26日帰郷し、市役所に西川市長を表敬訪問した。

 小林選手のポジションは守備のフローターバック。日本代表は高校3年の時のNORAM国際ユース水球大会(米国ロサンゼルスで開催)以来。身長は183センチと高校生のころと変わりないが、練習で鍛えた体はひと回り大きくなった。世界選手権の日本代表は社会人7人、学生6人の合わせて13人。選手団は7月8日にスペインに向け出発し、大会は13―26日まで。また小林選手はユニバーシアード大会(8月、韓国・大邱)の日本代表にも選ばれている。

 表敬訪問前にジュニア選手が練習する柏高プールで一緒に泳ぎ、体ならしをした。市役所には高校時代の監督、コーチなど関係者も駆け付けた。西川市長は「日本代表の決定は地元にいい刺激を与え、ジュニアへの影響も大きい。世界に向け、大いに羽ばたいてほしい」とエールを送った。小林選手は「試合に数多く出場し、結果を出したい」と力を込めた。

(2003/ 5/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。