PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
今夏も厳しいボーナス

 柏崎商工会議所はこのほど、今年の夏季一時金(ボーナス)に関する意識調査の結果をまとめた。全体的には景気の低迷で一時金の下方シフト傾向に歯止めがかかっていない状況。支給額は「基準内賃金の0.5〜1ヶ月未満」が最多となった。

 調査は会員事業所4業種の173社を対象に4月から5月にかけて行われ、そのうち103社から回答を得た(回収率59.5%)。支給額について最も多い回答は「基準内賃金の0.5〜1ヶ月未満」(34.7%)。次いで「0.5ヶ月未満」(23.8%)、「ゼロ(支給なし)」(14.9%)の順。昨年度と比べて「1〜1.5ヶ月未満」が減り、「0.5〜1ヶ月未満」「0.5カ月未満」が増えた。

 各事業所ごとの前年実績との比較では「昨年並み」が58.2%と過半数を占め、「0.5ヶ月未満の減額」(26.5%)が続いている。

 「増額」の回答については、2000年度実績で27社(19.6%)だったものが、01年度19社(15・0%)、02年度5社(4.7%)と漸減傾向にあるが、今年度は6社(6.1%)が見込まれている。

 業種別では、建設業の「減額」回答率が44.0%と最も多く、業況の厳しさが見受けられる。次いで卸売業39.1%、小売業35.0%、製造業26.7%の順。

  支給時期は前年の「8月上旬」から「7月下旬」に中心が移り、早いところでは今夏も厳しいボーナス 「6月上旬」という事業所もある。

(2003/ 6/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。